SEO時代の終焉? ホームページへの過剰な期待はNG

こんにちは、OneStepです。

少し時期は過ぎましたが、WELQなど運営する会社が情報の信用性を指摘され、その他運営するキュレーションメディアを全て非公開にするという事案がありました。

キュレーションメディアはユーザーにも情報の掲載をさせたり、人を雇い入れて情報を爆発的に掲載させる性質上、コンテンツも大きく膨らみ、SEOにも効果がある程度見込めるのではないかと個人的には考えています。
実際にクライアント様とお話しているときにも、ターゲットキーワードを打ち込んで検索をしてみると、キュレーションメディアが上位に出てきて
「このサイトよりも上に出して欲しい」
といったご要望も受けたりもします(※私どもではSEO関係はお請けしておりませんが)。

OneStepではSEOはお請けしない理由としては、
SEO対策を考えている方のある一定層の方には、Webだけを単独なメディア、広告と考えて効果測定を見込む人がいると考えているためです。

そのようにWebを単独のメディアとして考える「Webフロント」な状態を考えると、徹底的な露出を考えなければなりません。必然的にSEOや各種広告に引っ張られる形となり、思うようなWebの運用ができなくなっていくことが容易に想像されます。

最終的に運用は破綻し、最後には「こうなるならやらなければよかった」という結果や感想を受けることもありました。

上記にもあるようにWebフロントな状態を強引に作り出そうとすることが、ストレスの原因であると私どもでは考えています。
これを解決するのは簡単で、無理にWebサイトを最前線に立たせず、例えばリンクを辿ってサイトに来ていただいたり、名刺を渡すときに「Webサイトもみてください」と一声かけるだけでも違うと思います。
こういった地道な積み重ねがちょっとずつアクセスに繋がっていくと思います。

何のためにSEOをするのかというと、アクセスを集めたいから、という方がほとんどではないでしょうか。
であれば、アクセスを集める方法を考えるべきであって、上位表示に拘る理由は何もありません。

最終的にはWebサイトはどの立ち位置にいるのか、そして会社の人々は自身をどのようにプロデュースするかを考えることができれば、自ずとアクセスは集まっていくのではないでしょうか。
ごく個人的な感覚ではありますが、これからの時代、SEOという不安定な検索エンジン頼りだけではなく、そして広告やWeb業者にも頼らず、ホームページに過剰な期待を寄せず、何よりもセルフプロデュースができる会社が生き残れるのかも知れません。
ホームページはホームページ以上でも以下でもない、と等身大に受け止めることができるといいですね。