SEOの評価にオーサーランクを導入? Googleの真意を考えてみる。

こんにちは、OneStepです。

昨日あたりからSEO関連の最新情報でバックリンクがなくなり、代わりにオーサーランクが重要視されるようになる、という情報が飛び回るようになっています。

参考サイト:【速報】Google「被リンクからオーサーランクに移行する」SEO業者全滅か!?

このサイト、非常に過激な言葉を使用していると思います。
というのは、SEO業者はSEOに良かれとする手段手法を使って商売をする業者です。
オーサーランクが重要であるならば、SEO業者はオーサーランクを上げるように尽力してくるでしょう。

さてここで疑問になるのは
「オーサーランク」
これ、一体何なのでしょうか? 今回はオーサーランク、オーサーシップについて迫ります。

オーサーランクとは

あるサイトではこのようにあります。ひとことでまとめていて分かりやすいので引用。
——————————————————————–
Author Rank(オーサーランク)とは、コンテンツ著者(サイト運営者)に付与される評価の仮称です。
このAuthor Rank(オーサーランク)は、現時点(2013/1/22)ではGoogleが公式に存在を認めているSEO評価指標ではありません。
Author Rankとは itomakigani.jpより
——————————————————————–

ページランクがサイトに与えられる指標であるなら、オーサーランクはサイトを持っている人に与えられる指標ということでしょうか。

ただいかにもGoogleらしいなというのが2行目。1年前とはいえ公式に存在を認めていない、という…。
相変わらずSEOは謎ですね(笑)

たまーに見かける、「あの人」

極まれにですが、検索結果に人の顔が出てくることはありませんか?

分かりやすく、GoogleのMatt氏を検索したときの検索結果。

分かりやすく、GoogleのMatt氏を検索したときの検索結果。

この写真、これがオーサーシップです。
そしてどうやってこれをWebサイトに表示させるのかというと……そう、使用するのは「Google+」。

ここからの流れは正直複雑になるので、詳しくは解説がしっかりとされている「Web担当者フォーラム」のこちらの記事を参照してほしいです。

概念だけ平たく言うと、Google+を作成する際に設定されるプロフィールから発行されるIDなどをウェブサイトに埋め込むというもの。これを設定すればよいだけです。
もちろん業者がクライアント元のサイトに埋めこむ作業を必要とするので、必然的にFTP情報やクライアントのGoogle+の情報を使うこととなるかと思います。

ちょっと待とう。本当にこれからはオーサーランクの時代なのか?

当方のまわりでも本件でざわついている人が多い。
しかし抽象的な概念を、しかも人が話した言葉づたいに聞いて騒いでいる状態であることは認識しなければならないでしょう。

・Mattの話す動画を完全に英語として受け取り認知している人がどれだけいるか
・Author Rankの存在

まず1つめ、今回のSEOの内容変更についてGoogleのMattが話している動画がきちんと最初にリンクしているサイトにあります。
日本語訳も出てきます。

・・・ですが、一部「じゃあ俺も聞いてみる」と言った人からは、このような声も挙がっています。

参考サイト:被リンクは死ぬのか?マット・カッツの話を和訳してみた

この和文を見る限りでは単純明快に「オーサーランク重要にするよ」と「言って(=言葉にする)」いるわけではないです。もちろんニュアンスとしてかなり近いものもありますので、否定するわけでもありません。

またここで2番目の要素として、上の方で引用した言葉に戻るのですが、Author RankはそもそもGoogleは正式に存在を認めていない、ということもありますね。

また、当方が別サイトで以前触れたことがあるのですが、
ハミングバードのアップデートで一部対話型の検索に近づいたということも考えられています。
(そのときは「駐車場」と、意味として「コインパーキング」が検索結果に出ることを話しました)

このように本質はあくまで対話、自然検索により近づけることであることを忘れてはいけないと思います。

まとめ

結局のところ、現状はすぐには何か動かす必要はなく、むしろすぐに動くのは博打要素が大きいように思います。
そして依然として自然検索、対話に近づける検索にするためにはコンテンツを充実させる必要はあるかと思います。

これらを考えれば、引き続きコツコツと地道にコンテンツを積み重ねていくことが信用に繋がるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)