月別アーカイブ: 2014年1月

スマホ専用サイトの必要性

こんにちは、OneStepです。

OneStepではスマホ専用サイトの作成を推奨する考えを持っております。
スマホサイト専用のコーディングの仕事を承っているのもそのためです。

スマートフォンサイトで肝になるのは、いかに快適にスマホにデータが下りてくるかです。
見たいページが重く、ダウンロードに時間がかかると閲覧開始前に離脱されてしまいます。

近年はレスポンシブWebデザインが流行し、Googleもそれを推奨するとしています。

ただしレスポンシブWebデザインのサイトではなく、UserAgent別でリダイレクトし、別のデザインを見せたとしてもペナルティを与えるという発表や記述はありません。
(もちろん悪質なもの、悪意のあるリダイレクトは除く)

続きを読む

GoogleAnalyticsによるキーワード解析を行う方法2014

こんにちは、OneStepです。

GoogleAnalyticsによって流入キーワードが見れなくなり4~5ヶ月が経過しようとしています。
しかし巷の様子は多少の話題性は持ったものの、すぐに事態は収束した傾向にあると言えます。

近年はアクセス解析を多角的に解析したりグローバルなマーケティング視点から考えなければならず、キーワードだけに特化したマーケティングの価値が若干和らいだこともあるでしょう。
また機能が削がれたとはいえ全体の流入数や人気のコンテンツを知る重要な手がかりになるツールであることには変わらず、多くの方は使い続けているというのが現状です。

しかし多少形を変えた状態ではありますが、GoogleAnalyticsでキーワードを取得できる方法があります。
それは、GoogleWebマスターツールと連動をすることによって可能になります。

続きを読む

未来予想図:炊飯ジャーがスパムメールを出す時代?

KDDI、次世代炊飯器「INFOJAR」を発表

家電製品のIT化が進む。
将来は携帯電話(≒スマホ)からタップひとつで炊き立てごはんが食べられるなんて時代も近いのかも知れない。

75万通のスパムメールは冷蔵庫・テレビ・家庭用ルーターなどを利用していることが判明

一方で上記のような話題もある。
便利になればなるほどそれを踏みつける何かが現れる。既に冷蔵庫やらテレビやらがスパムの踏み台状態になっているのであれば、この炊飯器だってスパムの踏み台にされる可能性は無いとは言えない。

筆者はバックエンドエンジニアではないこともあり詳しいことは分からない。
どのように防ぐかも識者に頼らざるを得ないのが正直なところ。
ただ、利便性が増すということは必ずスパマーの人にとっても例外でないことは忘れてはいけないと思う。

よいコンテンツ作りとは何か?具体的方法を考えた。

こんにちは、OneStepです。

昨今、SEOのためによいコンテンツを作ろうというお話がよく聞こえてきますね。
当方でもそのためにWebライティングなどで支援を行っております。
しかしよいコンテンツを作るとはどのように作ればよいコンテンツになるのか、という具体的方法を論じている内容はなかなか見かけません。

今回は自分なりにどのような方法がよいコンテンツを作れるかを考えてみました。

続きを読む

スマートフォンサイトのコーディング料金を公開いたしました。

こんにちは、OneStepです。

スマートフォンサイトに関するコーディングの料金を昨日より公表しております。
ただし試用版として考えておりますので、今後注意深く動向を確認して改訂も検討できるように考えております。

続きを読む

GoogleChrome最新版(Version32)でスマートフォンサイトの表示を確認する方法

こんにちは、OneStepです。

みなさんもご存知の通り、ブラウザ「GoogleChrome」にメジャーバージョンアップが入りました
最新版はVer.32となります。

GoogleChromeはデベロッパーツールという開発者向けのツールが使いやすいと定評があり、私たちWebに関わる人もよく使用しているブラウザです。
今回、そのデベロッパーツールの中で大きな仕様変更がありました。
その変更内容はスマートフォンサイトの確認方法です。

続きを読む