タグ別アーカイブ: コーディング

大きさ・縦横比の違う画像の縦・横を均一に取り扱うCSS

みなさんこんにちは、OneStepです。
今回は珍しくコーディングのTipsを記載してみたいと思います。

CMSなどではコンテンツオーナーがWeb業者ではなくクライアント側になることが多々あるかと思います。
そういう場合、大きさがちぐはぐになってしまうような画像を多数アップされ、不恰好なWebページになってしまうということはありませんか?

そういう場合、状況に応じて一定の間隔を取ったり、体裁を合わせるCSSを記述する必要があります。
ここではその一例を出しておきましょう。

続きを読む

WindowsXP終了によりコーディングはどう変わる?

こんにちは、OneStepです。

去る4月9日、正式にWindowsXPは12年間の役目を終え、サポート終了となりました。
これに紐づいて、IE6・IE7のサポートも終了となっています。

またWIndowsXPの次のOSであるWindowsVistaではIE7が標準搭載されており、Windows7ではIE9が標準搭載となっています。
WindowsVistaは発売から7年以上が経過しており、サービスパックも2まで出ています。

さて現状のIEのバージョン別シェアを調査してみたところ、以下のようになっていることが分かりました。

データソース:NetMarketShare、画像出典元:GIGAZINE

データソース:NetMarketShare、画像出典元:GIGAZINE

こちらを見ていると、依然としてIE8が主導権を握っています。
しかしIE6,7は徐々に減ってきているのが分かりますね。

そこで今回はIE6.7を無視した場合にどのくらいCSS3を使用したコーディングが可能なのかを考えてみました。

続きを読む

スマートフォンサイトのコーディングで気をつけていること

こんにちは、OneStepです。

スマートフォンサイトのコーディングを行うとき(デザインも含む)に
当方が気をつけていることをいくつかご紹介します。

——————————————-

■ポイントは「HTTPリクエストの最小化」

HTTPリクエストとは……
HTMLファイルが呼び出されるときには、
その画面を構成するために他のCSSファイルや画像ファイルもHTMLの文書に従って呼び出されます。
この呼び出しのことをHTTPリクエストと言います。
(厳密には違いますが、大雑把にはこのような解釈ではないでしょうか)

続きを読む

コーディング案件の動向

こんにちは、OneStepです。

最近のコーディング案件を見ていて、明らかに数が増えてきているものがあります。
大規模ポータルサイトや小規模SNS、会員向けWebサイトのレスポンシブ化・スマホコーディングが目立ってきています。

また改修制作においても、スマホ専用サイトでも同じコーディングを行ってほしいという要望も増えました。

スマホ向けのコーディングが入ってきているのはトレンドとして当然でしょう。
ここで気にすべきことはWebサイトの用途が「大規模ポータルサイトや小規模SNS、会員向けWebサイト」であることです。

超大規模なポータルサイトならばある程度のアクセス数があるのでスマホ対応は十分行われていると思います。
しかし実際には予算や余力の関係ですぐには手をつけられない運営者の方々も多いようで、ようやくトレンドに向けて動き出しているという感覚もあります。

このようなポータルサイトは一日に数万アクセスを捌く必要があり、専用のシステムを導入している運営者も多いでしょう。
しかしシステム会社側ではシステムのトレンドを追求するため、まだ技術的・業界的に安定していないスマホ化に乗り出したくないという思惑もあるのではないでしょうか。

このような場合、スマホのコーディングやレスポンシブ化はWebコーディングへ外注し、その後、システム会社でデータを載せるという方法を取ることができます。
当方としては5年以上のWebディレクションの経験もありますので、システム会社を絡めての取りまとめ、非アリングなども代行して行うよういたします。
ぜひ一度ご連絡をいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

スマホ専用サイトの必要性

こんにちは、OneStepです。

OneStepではスマホ専用サイトの作成を推奨する考えを持っております。
スマホサイト専用のコーディングの仕事を承っているのもそのためです。

スマートフォンサイトで肝になるのは、いかに快適にスマホにデータが下りてくるかです。
見たいページが重く、ダウンロードに時間がかかると閲覧開始前に離脱されてしまいます。

近年はレスポンシブWebデザインが流行し、Googleもそれを推奨するとしています。

ただしレスポンシブWebデザインのサイトではなく、UserAgent別でリダイレクトし、別のデザインを見せたとしてもペナルティを与えるという発表や記述はありません。
(もちろん悪質なもの、悪意のあるリダイレクトは除く)

続きを読む

スマートフォンサイトのコーディング料金を公開いたしました。

こんにちは、OneStepです。

スマートフォンサイトに関するコーディングの料金を昨日より公表しております。
ただし試用版として考えておりますので、今後注意深く動向を確認して改訂も検討できるように考えております。

続きを読む

コーディング以外の活動を検討中

こんにちは、OneStepです。

先日追加コンテンツとしてフリー素材集のアップを開始しました。
引き続きどんどんデータはアップしておりますので、何かのホームページ作成やコーディング時の素材としてご活用いただければと思います。

 

また活かしているWebライティングやこれまでのWebディレクション、マーケティングなどをもとに、素材集と同様の立ち位置でマーケティング支援のコンテンツを考えております。
今後の当ホームページの動向にご期待いただければと思います。

今後ともOneStepをよろしくお願いいたします。

外注料金改訂のお知らせ

こんにちは、OneStepです。

コーディングをはじめとする当方への外注・代行料金の改訂を再度行いましたのでご報告いたします。
また、Webライティングに関する料金も策定いたしました。

 

ただWebライティングについては初の料金策定になるため、小刻みに料金を変更させる可能性がございます。この点については細かく当方にご相談をいただけますと大変助かります。

現在はあと、即策定はできませんが、スマートフォンサイトのコーディングについても別途外注料金を策定するよう考えております。また、決まりましたらご報告をいたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

レスポンシブWebデザインのコーディングについて

みなさんこんにちは、OneStepです。

最近はコーディングをする際、
レスポンシブWebデザインを導入する会社様も多くなってきているのではないでしょうか?

また、GoogleでもレスポンシブWebデザインの導入を積極的に推奨する、というニュアンス(あくまでもニュアンス)の発表があったのもまた事実です。

しかし、日本の有識者の間ではまだ、レスポンシブWebデザインがユーザーにとって”正しいかどうか分からない、ということをご存知でしょうか。

どのようなデバイスに対してアプローチできるサイトに作り上げるか。
どのようにコーディングをするべきか。まだまだ日本中で経験が不足しているのです。

OneStepでは、このようなご相談も承っております。
愛知県をはじめとして、東海圏内であれば、お打ち合わせの上、コーディングを承っておりますので、ぜひともご依頼ください。